ホーム / sweet / ダイエットの基本は基礎代謝の向上

ダイエットの基本は基礎代謝の向上

トレーニングする人

ダイエットを始める場合、まず取り組むのが食事制限、有酸素運動、無酸素運動です。

 

食事制限

これは、極端にカロリーの少ない食事のみ等、間違った手段で制限するのではなく、バランスの整った食事を摂る事が大事です。ダイエットを始める前、間食などをしていませんでしたか?普段何気なく、食べ過ぎてしまった物が蓄積されることで、余分な脂肪になってしまいます。また、過激な食事制限は、長期的なダイエットには向いていません。

 

有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動は、酸素が有ると書いて酸素を取り込みながらする運動です。体内に取り込んだ酸素を使って脂肪や糖質など、肥満の原因となるものを燃焼させ、エネルギーを消費します。例えば、ウォーキングや水泳、サイクリングなど負担が軽めで、長く持続し行えるものが特徴です。
無酸素運動は、有酸素運動とは違い、酸素を必要としない運動です。しかし、呼吸は常にしているので、酸素を取り入れないということではありません。有酸素運動では、酸素を取り込み、脂肪や糖質などを燃焼させますが、無酸素運動の場合では、糖質のみからエネルギーを消費する割合が高いということです。
有酸素運動と違い、無酸素運動は、短い時間に強い力を要する運動です。主に、筋肉の中にある糖質がエネルギーとなり使われます。無酸素運動の代表的なものとして、あげられるのが筋トレです。

 

基礎代謝の必要性

ダイエットをする上で、大事なのは基礎代謝の向上です。食事制限も大事ですが、食事制限のみで行ったダイエットは、その後のリバウンドが怖いものです。リバウンドを繰り返さないためにも、基礎代謝をあげ、痩せやすい体を手に入れる事が大事なのです。

よって、食事制限プラス、運動を取り入れたダイエットをしなくてはなりません。その中でも筋トレがオススメな理由があります。ダイエットで行う筋トレは、基礎代謝の向上という重要な役割を果たしています。これは、ダイエット成功後の、リバウンドをしない体づくりに繋がります。

まず、基礎代謝とは、私たちが生きているだけで、消費されるエネルギーのことです。簡単にいえば、何もしなくても消費されるエネルギーのことです。一般的には、女性よりも男性の方が基礎代謝が高いとされています。筋肉量の違いから、男性の方が高い事が多いです。

よって、筋肉量が多ければ基礎代謝も高くなり、少なければ基礎代謝も低くなるのです。この基礎代謝が高ければ、痩せやすい体質になるので、普段から太りにくく、リバウンドも防げます。筋トレを行うことで、ムキムキになるのではないか、余計に太く見えるのではないかと心配される方もいるかもしれません。

ダイエット程度の筋トレだけでは、そのような事はなく、むしろ引き締め効果もある為、積極的に行う方がいいです。ただし、有酸素運動も無酸素運動もですが、過激に行うものではありません。過剰な筋トレや運動は体や心に負担をかけてしまい、やる気の喪失に繋がります。

いきなり過激なトレーニングを始めるのではなく、自分にできるトレーニングから始めてみるのが良いのです。基礎代謝向上を目的としたトレーニングでは、下半身から鍛えることをおすすめします。

これは、私たちの体の中で多く占めるのが下半身の筋肉とされているからです。この筋肉を鍛えるには、スクワットなどが代表的です。これらのトレーニングを取り入れ、基礎代謝を向上をさせた上で、食事制限や有酸素運動を行い、痩せた綺麗な体を手に入れて下さい。

著者について: