ホーム / sweet / オキシトシンでストレスに強くなる

オキシトシンでストレスに強くなる

恋人同士

オキシトシンは、脳下垂体後葉という場所から分泌されるホルモンの名前です。このホルモンは安らぎのホルモン・抱擁ホルモンとも呼ばれ、前向きな思考や人間関係において良好な関係を築くために必要なホルモンだと言われています。別の幸せホルモンであるセロトニンに加え、近年注目されている物質です。オキシトシンの分泌が増えれば、ストレスフルな社会においてもポジティブに生きていくことができるのです。

 

オキシトシンの効果とは?

オキシトシンの効果は、医学的には女性に対する作用が多いとされています。出産する際の子宮の収縮や、出産後の乳汁分泌の促進に役立つものとして、活用されてきました。最近になって男性にもオキシトシンが存在していることが分かり、その作用がとても多岐にわたることがわかってきました。

まとめて言うと、「愛情や信頼を維持するために働く」ということができるでしょう。人間関係において、相手の感情を読み取りやすくなったり、自分の気持ちが怒りや攻撃的な方向へ向くのを防ぎ、質の良い睡眠・学習効率アップなどにも効果を発揮することで、ストレス耐性が高める効果があるのです。近年の研究では、アスペルガー症候群や自閉症の子どもに対してもオキシトシンが使用され、症状軽減に効果があるという方向も出てきています。

 

オキシトシンを増やすためには?

現代の日本にまさに必要だと考えられるオキシトシンですが、分泌量を増やすにはいったいどうすればよいのか。これはとても単純な方法で、”スキンシップを多くする”ということです。お母さんが赤ちゃんを抱っこするように、または恋人どうしで肌と肌を触れ合うように、手をつないだり抱きしめあったり…その行為によりオキシトシンは分泌されるのです。

「そういう機会がないから困っている」という人もいるでしょう。そのような場合にも、艇的なエステや、お友達とのおしゃべり、会社帰りのお酒一杯、ペットとのふれあいなど、心地よいと感じる行動をとることがオキシトシン分泌を促進します。自分以外の人、動物などとのふれあいの中にこそ、相手を思いやる気持ちを強くしたり、ストレスを減らす効果があるのです。

 

オキシトシンを増やす食べ物はあるのか?

さまざまな栄養素は、食べ物から摂取してその効果を得ます。しかし、オキシトシンに関しては別物です。オキシトシンは食べ物から摂取できたとしてもほとんど意味がないのです。オキシトシンはアミノ酸で作られたホルモンですから、食べ物として入ってきても、小腸で必ず分解されてしまいます。

病院での治療において使われる陣痛促進剤にはオキシトシンが含まれていますが、効果は限定的ですし、自閉症の子どもに対しての点鼻薬はまだ実験段階の方法で一般の方々が使えるような薬ではありません。そう考えると、オキシトシンを外から摂取するのではなく、オキシトシンが分泌されやすくする環境を作るしかありません。

 

オキシトシンを増やすためにできること

オキシトシンは人を心地よい・幸せな気分にするホルモンですが、分泌を促進するには、心地よい・幸せな気分になる行動を自らとることが必要になります。例えば、恋人とのふれあい、ペットとの遊びなど、楽しい・気持ちがよいと感じるふれあいをする時間が最も大切です。

それにより体内のオキシトシンは増加し、それがさらに相乗効果となって日々の生活を明るく過ごすことができるようになります。近年はSNSなどで交流をすることが増え、人間関係は希薄になり、恋をすることすらおっくうに感じる独身の方も増えました。

それでも仕事がすごく充実しているので自分には必要ないという人もいますが、ドーパミンをガンガン出して夢のために仕事をしまくっているだけでは、それがいずれできなくなったときに反動のように人生に悩み始めることになる可能性があります。

仕事は仕事として意欲的に取り組める、かつ家庭やプライベートを大切にして自分の心地よい空間を常に持ち続ける、この2つがあってこそ豊かな人生になるでしょう。忙しい毎日の中でも、家族とのふれあいを大切にすることを忘れずに、オキシトシンを増やしていきましょう。それがストレスを増やさないことにつながっていきます。

 

現代においては、スマホやパソコン上だけで完結するコミュニケーションも大変多くなりました。便利な一方で、人間関係における本当のコミュニケーションは育てることが難しくなります。直接話をする、目を見て話す、信頼できる何かを持つということは、オキシトシンの分泌を促し、前向きに生きていく原動力になります。

ぜひオキシトシンを増やして心豊かに生活していきましょう。

著者について: